採用情報 お問い合わせ 日本語English

棒材加工BAR PROCESSING

棒鋼を素材として、表面処理、引抜き、
切削、研磨などの加工技術を
組み合わせることによって、
より精度の高い製品を提供しています。

棒引抜き

棒鋼を素材として、ショットブラストまたは酸洗により表面処理し、引抜機で冷間引抜、矯正、切断された製品を供給できます。線材を素材として表面処理した後、引抜機で冷間引抜、矯正、切断を一貫して連続加工にて行う連抽式磨棒鋼の加工も行います。連抽式磨棒鋼では、PICコイル状のパイプ)を素材としたパイプ引抜き加工も可能です。

工程概要

切削・研磨

ピーリングマシンにて旋削をした切削みがき棒鋼は、表面疵・脱炭などの鋼材表面欠陥を除去した精密な製品です。センターレスグラインダーで長尺のまま表面を研磨した研削みがき棒鋼は、より精度の高い加工が可能な製品です。

工程概要

棒材の冷間鍛造加工

冷間鍛造とは、常温で塑性流動させて成形する鍛造の一種で鉄をムダなく使用でき、鍛造の中で最も安価で省エネな加工と言われています。冷間鍛造で良質な製品をつくる上で重要なのが「工程設計」です。三五では製品ごとに本質を見抜き、それぞれに最適な材料、工法、設備を選択しています。長年に渡って蓄積された膨大なデータを解析し、その意味を正しく理解した上で、最適な工程設計を実現できます。